[視点]記事単位で購入できるサービスが米国市場に参入

2016年4月6日 / ニュースキュレーション

LINEで送る

 Blendleは2014年にサービスを開始したオランダのスタートアップだという。新聞や雑誌の記事を読者は記事単位で購入して読むことができるものだ。1記事当たりの価格は10セント(約11円)から80セント(約90円)で、オランダ国内だけでも13万人のユーザーを持っているという。このサービスが米国市場へ参入するということが報じられている。パッケージメディアをアンバンドルして販売するというのは記事におけるiTunesということだという。テキスト型コンテンツのビジネスモデルは音楽での足跡をたどっているところもあるが、決してすべてが同じように成功しているわけではない。このモデルは定着するかどうか、興味深いところだ。

ニュースソース

  • 有料の新聞や雑誌の記事をバラ売りで1記事だけでも購入できる画期的な新サービス「Blendle」が本格的に進出、読了後の返品も可能[Gigazine

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントは受け付けていません。



Facebookで最新の話題をチェック



TOPへ戻る