[実証実験]Kindle Unlimitedを無料期間めいっぱい使う方法

2016年8月3日 / 実証実験レポート

LINEで送る

 アマゾンの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が8月3日に始まりました。月額980円で12万タイトル以上が自由に読めるということもあり、開始前から注目が集まっています。このKindle Unlimited、初回登録時には30日間無料で利用できます。今回は、無料期間めいっぱい使うための基本設定を紹介します。

Kindle Unlimitedとは?

 Kindle Unlimitedは、電子書籍8万タイトル、コミック3万タイトル、雑誌240誌などが制限なく読めるサービスです。対象書籍かどうかは価格情報の箇所をみれば確認できます。「30日間の無料体験を始める」ボタンをクリックすれば、すぐに利用できます。登録が終わると、「読み放題で読む」ボタンが表示されますので、このボタンをクリックするだけ。あとは通常のKindle本と同じ操作で読めるのです。
 プライム会員向けに提供されている「Kindleオーナーライブラリー」と異なるのは、最大10冊まで同時に読めるという点です。Kindleオーナーライブラリーは毎月1冊まで無料で読めるものの、次の書籍を読むときは返却しなければなりません。つまり、手元に残しておくことはできませんでした。これに対し、Kindle Unlimitedの書籍は通常のKindle本と同様、ライブラリに保存されたままになります。いつでも読み返せるのが一番の違いでしょう。
※初出時、「何冊でも同時に読める」としていましたが、確認したところ最大10冊までという制約がありましたので、該当箇所を修正しています。

無料期間中だけ利用する方法

 このKindle Unlimited、30日間無料で利用できますから、Kindle利用者なら使わない理由はありません。でも、気づいたら課金されていたってことになりたくないですよね。実は簡単に無料期間だけ試せる方法があります。
 それは登録直後に解約手続きを行うのです。これだけです。アマゾンは良心的?なようで、解約手続きを行っても無料期間まで使えるようになっています。この作業を登録時に行っておけば、無料期間を意識することなく自由にKindle Unlimitedを体験できるのです。

アカウントサービスをクリックし、「お客様のKindle Unlimited」をクリック

アカウントサービスをクリックし、「お客様のKindle Unlimited」をクリック

画面左下にある「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリック

画面左下にある「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリック

メッセージが表示されるので、「メンバーシップをXXXXに終了」をクリック

メッセージが表示されるので、「メンバーシップをXXXXに終了」をクリック

終了日前までに利用を継続したければ、「Kindle Unlimited会員登録を継続」をクリックすればOK

終了日前までに利用を継続したければ、「Kindle Unlimited会員登録を継続」をクリックすればOK

 もちろん、サービス内容が気に入ったのであれば、再度契約すればOK。8月いっぱい、この方法で楽しんでみてください。
 ちなみにインプレスR&Dでは、ほぼすべてのタイトルをKindle Unlimitedで読めるように登録しています。気になっていた書籍があれば、無料期間中に読んでみてください。

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントは受け付けていません。



Facebookで最新の話題をチェック



TOPへ戻る