[視点]LINEマンガインディーズがサービス開始

2015年3月3日 / ニュース, ニュースキュレーション

LINEで送る

 LINEマンガに作品を投稿できるLINEマンガインディーズがスタートした。また一つ新たなセルフパブリッシングプラットホームができたというわけだ。すでに、comico、BWインディーズ(KADOKAWA)、ジャンプルーキー(集英社)、マンガボックスインディーズ(ディー・エヌ・エー)をはじめ、いくつかのプラットホームがある。デビュー前の能力ある作家を発掘し、コミュニティーを使って育成、デビューさせていく方法は成功路線にあるようだ。

医学書院がプリント版と電子版のバンドル販売を開始

 医学書院がプリント版と電子版のバンドル販売を開始した。紙書籍にシリアル番号が印刷されていて、その番号を専用サイトから登録することで電子版を入手できるという仕組みだ。プリント版を購入した読者に対して、電子版を無償で提供するサービスといえる。将来的には電子版を先に購入する「デジタルファースト読者」に対して、プリント版を無償、あるいは安価に提供する組み合わせも必要ではないだろうか。電子版で読んだら気に入って、プリント版として所有しておきたいというニーズは想像に難くない。

ニュースソース

  • 医学書院、『今日の治療指針2015年版』『治療薬マニュアル2015』電子版を無料付録に[eBookUSER
  • LINEマンガで連載だ! 作品投稿ができる「LINEマンガ インディーズ」がスタート[eBookUSER

 編集部

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントは受け付けていません。



TOPへ戻る