[視点]意外なことにこれまでなかった?電子コミックと電子雑誌の自動購入サービス

2015年9月15日 / ニュースキュレーション

LINEで送る

 eBookJapanが「新刊オート便」というサービスを開始した。これは電子コミックや電子雑誌など、継続して発行されるコンテンツを自動的に購入して、電子本棚に入れておいてもらえるサービスだ。こうした機能はこれまでありそうでなかったように思う。アマゾンでは日用品などを定期的に配送する「定期おトク便」があるが、コンテンツに対しては対応していない。電子コンテンツの場合、定期購入によって価格が安価になるようなメリットはないようだが、販売施策次第ではユーザー利便を高めて、かつ、電子書籍書店からするとストック売り上げにつながる有効な方法といえるかもしれない。

ニュースソース

  • マンガ・雑誌の新刊が発売されると自動購入&本棚へ格納、eBookJapanが「新刊オート便」開始[INTERNET Watch

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントは受け付けていません。



TOPへ戻る