[視点]加Rakuten Kobo社の全世界のユーザー数は2,600万人

2016年3月1日 / ニュースキュレーション

LINEで送る

 現地メディアの報道によると、Rakuten Kobo社CEOのMicheal Tamblyn氏がインタビューに答え、同社の業績を語っている。それによると、電子書籍サービスは現在190か国で展開していて、プラットホーム別ユーザーのシェアはアマゾン、アップルについで第3位にあるという。また、ユーザーの総数は2,600万人で、従業員数は360名だということだ。また、2016年1月には、同社の最高売り上げを記録したとしている。また、セルフパブリッシング作品の比率は全体の15%で、急成長を続ける同じくカナダの無料電子書籍サイトWattpadとの競争もあるということだ。
 シェアがアマゾン、アップルに次ぐ3位とはいっても、他の市場調査からも分かるようにアマゾンからは大きく引き離されている。ただ、アップルとは競争できる状況にありそうだ。また、セルフパブリッシング作品は今後の伸びしろも期待できそう。親会社の楽天は会計上、Koboに関する減損処理を発表したばかりだが、こうした数字を見ると、アマゾンの対抗軸として、今後もユニークな展開を期待したいところだ。

ニュースソース

  • 加Rakuten Kobo社、1月好調で全世界のユーザー数は2,600万人[hon.jp DayWatch

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントは受け付けていません。



TOPへ戻る