アドビ、Creative Cloud最新版を6月より提供 -パッケージ版は今後販売せず

2013年5月7日 / ニュース

LINEで送る

Text:OnDeck編集部

アドビシステムズ株式会社は2013年5月7日、Adobe Creative Cloudの最新版を6月18日に提供すると発表した。あわせて、Adobe Creative Cloudで利用可能な新しいデスクトップアプリケーションとして、Adobe Photoshop CC、Adobe InDesign CC、Adobe Illustrator CCなど、従来つけられていたCS(Creative Suite)からCC(Creative Cloud)に名称変更して提供することも発表された。なお、従来提供されていたパッケージ版は今後販売しない方針も明らかにされた。
Adobe Creative Cloudは、サブスクリプション形式で提供されるクラウドサービス。PhotoshopやIllustrator、InDesignといったデスクトップ向けクリエイティブアプリケーションの最新版を自由にダウンロードできるほか、Adobe Digital Publishing Suite(ADPS)などのパブリッシング環境、クラウドストレージといった各種ネットワークサービスを契約期間中利用できるのが特徴。
同社代表取締役社長のクレイグ・ティーゲル氏は、「2012年5月にサービスを開始したCreative Cloudは、発売開始から11カ月目の時点で50万ユーザー(全世界)が利用している。また、無償版の利用者も200万人おり、2013年中には有償利用者数で125万を目指している」と、順調に利用者が伸びていると強調。こうした実績を踏まえて、今回パッケージ版での提供は終了し、サブスクリプション形式での提供のみに絞ったと説明した。
パッケージ版と大きく異なるのが、クラウド環境を利用して環境を共有できる点にある。たとえば、最新版では、アカウントとひも付ける形でアプリケーションの環境設定を同期する機能(PhotoshopやIllusutratorなど一部のアプリケーション限定)が提供される。これを利用することで、自宅と職場の設定内容をつねに一致させるといった使い方ができる。また、同社のクラウドストレージに保存したファイルは、最大10日前までの変更履歴を保存する機能が用意されており、これにより数日前の作業内容に戻すことも容易になっている。

Creative Cloudのアカウント単位で環境設定の内容を同期することができる

Creative Cloudのアカウント単位で環境設定の内容を同期することができる

 

Adobe Typekit対応フォントも同様に管理可能

Adobe Typekit対応フォントも同様に管理可能

 

クラウドストレージに保存したファイルは最大10日前までの変更履歴を保持

クラウドストレージに保存したファイルは最大10日前までの変更履歴を保持

Creative Suiteのパッケージ製品は、現在販売中のCS6で終了し、今後はパッケージ版として販売しない方針。なお、CS6と同等の各種アプリケーションは、Creative Cloud利用者であれば継続してダウンロードできる。
Creative Cloudの価格は、年間プランの場合が月額5000円、月々プランの場合が月額7000円。各デスクトップアプリケーションは単体でも月額2200円で利用できる。なお、Adobe Creative Suite 6利用者は初年度月額2200円(年間プランの場合)で利用可能(2013年7月31日まで)。また、Adobe Creative Suite 3からAdobe Creative Suite 5.5の利用者は初年度月額3000円(年間プランの場合)で利用可能(2013年6月25日まで)。

Creative Cloudの価格(個人向け)

Creative Cloudの価格(個人向け)

 

Creative Cloudの価格(グループ・企業向け)

Creative Cloudの価格(グループ・企業向け)

Adobe Creative Cloud
http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



TOPへ戻る