次期Mac OSにiBooksを標準搭載-iOS版とのコンテンツ連携を実現

2013年6月11日 / ニュース

LINEで送る

text:編集部

米Appleは2013年6月10日、次期Mac OS「OS X Mavericks」に「iBooks」を標準搭載すると発表した。iBooks Storeで販売されている電子書籍を閲覧できるほか、iCloud経由でiPhoneやiPadといったiOSデバイスとコンテンツ連携も行われる。OS X Mavericksは今秋リリースの予定。
今回発表されたMac OS版のiBooksは、iOS版のiBooksと同様にスワイプによるページめくり、ピンチによる画面の拡大・縮小、スクロールによるカバーの切り替えといった操作をサポート。また、iOS版iBooksでダウンロードした書籍は、自動的にMac版iBooksでも表示できるほか、現在読んでいる箇所を同期する機能も用意されているので、Macで読んでいるコンテンツの続きをiPhoneで読むといった使い方もできる。そのほか、ノートやハイライトなどの共有機能も用意されている。

iPhone、iPadなどのiOS版iBooksと同様、コンテンツの同期機能をサポート

iPhone、iPadなどのiOS版iBooksと同様、コンテンツの同期機能をサポート

複数の電子書籍を同時に表示することも可能

複数の電子書籍を同時に表示することも可能

ニュースリリース

http://www.apple.com/pr/library/2013/06/10Apple-Releases-Developer-Preview-of-OS-X-Mavericks-With-More-Than-200-New-Features.html

Facebookにコメントを投稿

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



TOPへ戻る